確定申告は難しくない!

確定申告を知っていきましょう
9月 17, 2010 |

医療費控除

家族の医療費を支払った場合でも1年間の総額が10万円を超える場合は医療費控除を受けることが出来ます。
怪我や病気での入院、風邪や虫歯の治療などの医療費も10万円を超える場合にはこの控除を受けることが出来るので、よく病院に通ったりする場合mには領収書などの書類は大事に取っておきましょう。
控除対象となるのは納税者が配偶者や親族に支払った分の合計の医療費で、共働きである場合には収入の多いほうが申告することになっています。

申告は5年前までさかのぼって申告することが出来ますが、申告の単位は1年なので申告しなかったからといって2年分の10万をということはできないので注意しましょう。
また保険で戻ったぶんは入りません。
医療費控除の対象となるのは実際に支払った金額から保険などで補てんされる金額を引いたもので、最高でも200万円までです。
つまり生命保険や出産一時金、健康保険などの療養費などは引く必要がるのです。

あと通院につかったガソリン代などは含まれないので気を付けましょう。
施術や治療の為に必要な費用があるとおKもいますが、例えば部屋代であったり食事代、健康診断費用、医療用器具の購入など費用は原則として医療費に含まれないことになっていまう。ただ電車やバスでの通院の場合は控除の対象内となります。
通院の記録をつけ、往復の交通費を明記しておけばよいと思います。

Comments are closed.

確定申告は難しくない!