確定申告は難しくない!

確定申告を知っていきましょう

Archive for the '基礎知識' Category

医療費控除

金曜日, 9月 17th, 2010

家族の医療費を支払った場合でも1年間の総額が10万円を超える場合は医療費控除を受けることが出来ます。
怪我や病気での入院、風邪や虫歯の治療などの医療費も10万円を超える場合にはこの控除を受けることが出来るので、よく病院に通ったりする場合mには領収書などの書類は大事に取っておきましょう。
控除対象となるのは納税者が配偶者や親族に支払った分の合計の医療費で、共働きである場合には収入の多いほうが申告することになっています。
申告は5年前までさかのぼって申告することが出来ますが、申告の単位は1年なので申告しなかったからといって2年分の10万をということはできないので注意しましょう。
また保険で戻ったぶんは入りません。
医療費控除の対象となるのは実際に支払った金額から保険などで補てんされる金額を引いたもので、最高でも200万円までです。
つまり生命保険や出産一時金、健康保険などの療養費などは引く必要がるのです。
あと通院につかったガソリン代などは含まれないので気を付けましょう。
施術や治療の為に必要な費用があるとおKもいますが、例えば部屋代であったり食事代、健康診断費用、医療用器具の購入など費用は原則として医療費に含まれないことになっていまう。ただ電車やバスでの通院の場合は控除の対象内となります。
通院の記録をつけ、往復の交通費を明記しておけばよいと思います。

確定申告と医療費控除

金曜日, 6月 25th, 2010

確定申告の中でも、私たちが日常で気になるところは、医療費控除ではないでしょうか。
これは、本人とその扶養家族の一年間の医療費を合算したものが、10万円を超えたとき、その超過分を確定申告することによって、税金が控除され、戻ってくる仕組みです。
一年間の期間というのは、1月1日~12月31日までの期間で、この期間内に先に述べた本人およびその扶養家族の医療費がトータルで10万円を超えたときに、確定申告することによって、還付されることになります。
ただし、当然納めた税金の範囲内ですから、確定申告することによって戻ってくる医療費の上限は、200万円もしくは、先で言う本人が納めている税金の額ということになってきます。
極端な話をすると、仮に一年間で納めていた税金が10万円であったとしたならば、確定申告をすることによって戻ってくる医療費の額は上限が10万円ということになるわけです。
満額戻ってくると言うことにはなりませんので、気をつけましょう。
そして、医療費控除の対象となるものも、決まってくるので気をつけなくてはいけません。
たとえば、市販の薬局で購入した薬も、医療費控除の合算の対象にすることが出来ますが、その中でも、たとえば風邪をひいた時の風邪薬は対象ですが、風邪をひかない為の予防のビタミン剤などは対象外になってきます。
病院へ通院した際の交通費も、公共の交通機関や、タクシーを利用した場合はその領収証が対象になりますが、マイカーを利用した場合のガソリン代などは対象外になってくるのです。
対象になるもの、ならないものいろいろあるので、気になる方は、税務調査の徹底対策の知識を身につけるように、もっと掘り下げて調べてみてはいかがでしょうか。

確定申告は振替納税を利用しましょう

月曜日, 4月 12th, 2010

確定申告とは、期限内に、税務署へ申告することと同時に、納税を済ませなくてはいけませんよね。
不況の中、3月の期限までに税金を用意することが難しいという方は多いと思います。
そんな方に便利なのが、振替納税です。
これは、納税方法を銀行引き落としにするもので、税金の納付期限を条件付きで延ばしてもらう延納とはことなります。
延納の場合は、当然利子がつきますが、振替納税の場合、利子はつきません。
しかし、納付する所得税などの税金分のお金は4月半ばの期限までに引き落とされる通帳に用意すればいいので、実質的には1カ月の猶予があることになります。
方法はいたって簡単で、口座振替依頼書(国税庁のホームページから運ロードが可能です。)に、
・住所
・氏名
・金融機関名
・預金口座
を記入して、金融機関に届け出ている印鑑を押して管轄の税務署もしくは引き落としを予定している金融機関へ必要書類を提出すればいいのです。
万が一の時のために、口座振替依頼書を提出する際に銀行印を持参していきましょう。
今回この振替納税を利用しているひとは、まだ引き落としまで猶予があるので、今納税のための資金調達をしていてもまだ大丈夫なのです。
ことし、確定申告の納税の資金繰りが危なかったという方は、来年この振替納税を利用してみてはいかがでしょうか。
また、確定申告の時期は何かと忙しいものです。
税務署へ行ったり、銀行へ行ったりすることの手間を省くという意味でも便利ですよ。

確定申告の季節です

火曜日, 2月 9th, 2010

個人系の方や、副業をお持ちの方は、バレンタインデーのチョコレートの数よりも気にある確定申告の季節がいよいよやってきましたね。
管轄の税務署まで申告に行くのが大変だという方に便利なのが、郵送と、e-Taxです。
しかし、e-Taxは利用者識別番号等がないと、e-Taxソフトで確定申告することはできません。
e-Taxソフト自体は、国税庁のサイトから、ダウンロードすることが容易にできます。
しかし、利用者識別番号等を持っていなければ、ヘルプ機能と、オプションメニューしか使用することが出来ないので、せっかくダウンロードするのであれば、利用者識別番号等を取得することもお忘れなく。
初めてe-Taxを利用しての確定申告は難しいかもしれません。
しかし、一度やり方を覚えると、税務署へ行く時間、また、税務署へ行ってから受け付けてもらえるまでの待ち時間など、短縮することができます。
パソコンに慣れている人は、e-Taxを利用して「時間の節約」を行うことをお勧めしますね。
また、この時期、雪国では、税務署へ行こうとしても、天候次第では難しいこともある。
東京でも先日何年かぶりの積雪で大騒ぎでしたよね。
また、過疎地からでは、税務署まで言って帰ってくるだけでも一日仕事になってしまうこともある。
パソコンに慣れていない方は、郵送で十分ではないでしょうか。
ただし、記入漏れなどないかのチェックは大切です。
天候が不安定な時期だからこそ、余裕を持って提出に必要な書類等はそろそろ揃えておいてくださいね。

確定申告いろいろ

水曜日, 1月 6th, 2010

皆様新年明けましておめでとうございます。
確定申告の準備はお早めに。
そろそろ書類の整理を始めてみようと思いませんか?
毎年確定申告で税務署に訪れる際、混雑している時期というのは、いつだか分りますか?
それは、受け付け開始直後と、期限直前です。
前者は、用意周到に準備をしていたため、受け付け開始と同時に訪れた人、そして後者は、確定申告の期限が来てからあわてて準備を始めた人でしょう。
期限内にあわてて準備を始めても、記入漏れや記載ミスなどがたくさんある可能性が高いです。
空いている早い時期に必要書類を集めて、一度税務署に確認に行ってみるのもよい手段の一つだと思われます。
さて、年度末に行われる確定申告までに行えばよいものに対して、困ってしまうのが、故人の確定申告です。
これは、故人が確定申告をしなくてはならない人の場合行う必要のあるもので、この場合の期限は、相続人が相続を知ってから4カ月と非常に期限が短く、悲しみにくれる暇もないほどです。
この場合の確定申告は、納税の必要のある場合もあれば、逆に還付を受ける場合もありますので、損失がある場合などは、処理をしっかり行いましょう。
しかし、たった4カ月という短い時間で個人で処理を行うことは非常に難しいものです。
葬儀に法事、遺産相続、銀行解約などやるべきことたくさんあります。
特に銀行の死亡での解約には想像以上に手続きが複雑です。
そういった雑務を一つ一つこなしていくことは精神的にも非常に疲れてきてしまうもの。
余裕があるのであれば、税理士に依頼するのも賢い選択の一つだと思われます。

確定申告と医療費控除と更正

月曜日, 9月 7th, 2009

確定申告時の医療控除に交通費も含むことができるということは皆さんもうご存じのことだと思います。
では、確定申告時に交通費を申告することをわるれていた場合、後から追加で確定申告することができるのでしょうか?
こういう確定申告時の「うっかり」は少なくないでしょう。
したがって、後から「更生申告」という手段をとることができます。
ただしこの更生は1年で時効が切れるので、1年以上を経過すると更生の手続きをすることはできないようなので、注意が必要ですよ。
また、更生の手続きをとれば確定申告の変更は可能ですが、このとき、更生申告をしてまでの価値が果たしてあるのかというところが焦点になってきますよね。
仮に税率を10%としましょう。
交通費が5000円だとして、戻ってくるおかねは500円です。
500円のために税務署に行って書類をもらって作成して500円の還付で割に合うかどうか・・・
ごくごく近所に住んでいる方ならいいですが、遠方の方だと、税務署へ行くお金だけで500円以上かかってしまいますよね。
したがって、このような場合更生は、かなりまとまった額の訂正を行いたいという時に必要となってくるのでしょうね。
やはり大切なことは、期限内に提出する際に記入漏れの内容に最低でもダブルチェックくらいはしたいところだということですね。
また、医療費控除に使用できる交通費の中でもタクシーの費用は、最寄りの公共の交通手段を使うことが困難だったり、タクシーを使わないといけないような緊急の場合はその対象となりますが、通常の通院時にバス停で待つのが面倒だとタクシーを利用したなどの場合は対象外となります。

医療費控除の補足

水曜日, 8月 5th, 2009

前回、医療費控除を受けるための確定申告について述べさせていただきますが、税制上の優遇や減免措置として医療費控除を受けるために確定申告を行うことは良く知られています。
しかし、ここでよく知っておいてもらわなくてはいけないのが、医療費控除とは、税制上の優遇であったり、減免措置であるということです。
よく「医療費が10万円を超えると、それ以上は戻ってくる」
という覚え方をされている方がいらっしゃいますが、この覚え方は間違えです。
確定申告のときに1年間の医療費を申告し、納税額を少なく出来るものであるという考え方を持たなくてはいけません。
つまり医療費がどんなに多額になっても、納税額をうわまわることはないということです。
このあたりのことを勘違いしている方が少なくないということを知ったので、前回の確定申告と医療控除の話の補足をさせていただきました。
ただ、高額療養費に関しては、またこれとは別に自己負担分が軽くなってくるので、このあたりのことと医療費控除とをよく把握する必要が出てくるでしょう。
私自身、おかげ様で健康体のため、まだ詳しく勉強していないので、時間のあるときに勉強する必要があると今回の確定申告と医療費控除の関係を調べていて感じました。
今回お話ししているのは、あくまでも申告によって、税金の控除が受けられるということについて。
それと、実際に高額な医療費とは別の次元であるということは分かっておいてほしいです。

確定申告(医療費控除)

木曜日, 7月 2nd, 2009

源泉徴収されているサラリーマンの家庭でも、これだけは知っておいてほしい確定申告が、医療費控除の申告です。
医療費控除は、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に一定の所得控除を受けることの出来る所得控除のことです。
確定申告の際に医療費控除を申請すれば、収める税金を減らすことが出来ます。
また、サラリーマンの方など、すでに所得税を支払っている場合は、確定申告で医療費控除を申請すれば、還付が受けられるシステムになっています。
ただし、医療費の合計が10万円を超えていても税務署から親切丁寧に「貴方の家庭の医療費は10万円を超えています。医療費控除を受けられるので、確定申告してください」などと親切丁寧なお知らせが来るわけはありませんので、毎年1月1日から12月末までの医療費の領収証をしっかり保管しておくようにしましょう。
また、確定申告というと、2月16日から3月15日が基本ですが、医療費控除の申請に関しては、1月1日から受けつけてもらえることになっています。
毎月一度集計を取っておくようにすれば、確定申告の時期まで待たずに早期に申請することが出来ます。
確定申告のシーズンは税務署も大変混雑しているので、出来るだけ込み合わない時期に申請するように心がけると良いでしょう。
また、保管しておくべき領収証の中には、薬局で購入したレシートも含まれます。
(風邪薬など治療目的で購入した医薬品が対象であって、健康増進のためのサプリメント等の医薬品は含まれない)
他に医療機関へ通うための交通機関の利用料は医療費控除に含まれます。
但し急を要しないタクシーの費用やマイカーのガソリン代は含まれないものとされています。
医療費控除の確定申告、分かりましたか?

確定申告は信書で郵送確定!

木曜日, 4月 2nd, 2009

確定申告をぎりぎりで間に合わせ、確定申告の期限最終日に郵便で納付する方、少なくないと思います。
確定申告は、郵便の場合、消印に印字された日付が提出日になるのですが、これはあくまで、新書郵便物または、第一種郵便物で送付するのことが当たり前のことなのです。
それを同じく日本郵便局が行っている商品EXPACK(エクスパック)を利用して送付すると、これは信書ではなくなるので、郵便局の受付受領印が確定申告の期限内であっても、税務署での確定申告の受領日はEXPACK(エクスパック)が配達された日になるので、確定申告が期限内ではなく、期限後の申告が確定してしまうと言うわけなのです。
ただ、期限後であっても、下記の条件すべてを満たしていれば、無申告加算税は課されないことになっているそうです。
①期限内に申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当する。
・その期限後申告を、提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことが無くて、更に、期限内申告をするという意思があった場合の無申告加算税の不適用を受けていないとされている場合。
・その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を、法定納期限までにすべて納付している場合。
②その確定申告の期限後申告が、法定申告期限から2週間以内に自主的に行われている場合。
何かと条件がたくさんついているように見えてややこしいのですが、たいていの場合は税務署の方から信書で届いていない納税者に対して「期限後申告の扱いになりますよ」という連絡が入ると思うので、その時に何をすべきなのかを相談するのがベストかと思われます。

今からすぐに準備してください

木曜日, 3月 5th, 2009

皆さん、いよいよ所得税と贈与税の確定申告の提出期限まで10日程度となってきていますが、確定申告は済んでいますか?
今年は幸い!?提出期限が土曜日・日曜日を挟んでいるので、平日仕事が忙しくてなかなか必要書類をそろえることが出来ないっていう人は、この週末、最悪来週末には確定申告の書類をそろえてくださいね。
特に所得税と贈与税の確定申告の提出期限最終日は月曜日ということで、さらに税務署は混雑していることでしょうから、出来ることなら、早めに提出する方が駐車場に入れる時間、待ち時間などのタイムロスを考えるとイライラせずに済むし、いいですよ。
特に、医療控除を始めて受けるという方は、確定申告の書き方に戸惑うという方が多いと思います。
想像以上に記入に時間がとられることが考えられるので、時間に余裕をもって確定申告の書類を記入しましょう。
一般の方にはあまり浸透していないかもしれませんが、個人事業者の消費税・地方消費税の方は、ちなみに期限が3月31日です。
こちらの方は、火曜日ですので、前日ギリギリに仕上げようと思っても、時間がなかなかとれませんので、事前にきちんと書類の作成をしましょうね。
確定申告の提出期限はすでに半分を経過していますが、まだまだ、10日もあります。
今から始めても、十二分に間に合うはずですから、まだ提出に必要な書類を一つも準備していないという方、今スグに確定申告に必要な書類を作成しましょう。
今すぐに準備すれば、間に合うこと確定ですよ。

確定申告は難しくない!