確定申告は難しくない!

確定申告を知っていきましょう

Archive for the '確定申告よもやま話' Category

確定申告バレないはずがない

月曜日, 8月 2nd, 2010

最近はやりのFX。
こちらでの収入に対する確定申告も、もちろん必要になってすよね。
政党は出ないFX会社では、
「うちは申告の必要がないので、FXでの儲けについて確定申告をしなくても大丈夫ですよ」
なんて甘い言葉で誘惑してくるところもあるかもしれませんが、税務調査がその会社に入れば、ばれてしまいます。
税務調査は人気急上昇中の業界にも目をつける傾向にあります。
当然のことですが、FX会社もその目をつけられている業界の一つになるでしょうね。
何もしなくても、確定申告に必要なことを手伝ってくれると言う善良な会社はいいですが、逆に
「確定申告しなくてもバレませんよ。バレなければ大丈夫。」
などと言ってくるところは用心しましょう。
それは今問題になっている大相撲業界の野球賭博問題の根底にあるものと同じだと思います。
「ばれなければ大丈夫。みなやっているのだから平気」
日本人の良くない風潮です。
「みんなやっているから・・・。赤信号、みんなで渡れば怖くない」
みんなやっていてもだめなものはダメ。
確定申告していないことがばれれば、今まで確定申告していなかった分の税金を請求されるだけではスミマセン。
当然、延滞税などといった追徴課税、はたまた悪質だと判断されて、重加算税を課せられる可能性もある。
面倒だからといって敬遠せず、FXという難しい知識を必要とするものが出来るのですから、確定申告だって出来るはずです。
頑張って確定申告をやりましょう。

確定申告準備なう?

水曜日, 7月 21st, 2010

まだまだ不況は続いていますが、不況だからこそ、確定申告をする人が増えています。
というのは、不況だと、それだけ正社員も給与が言及になっていることが多く、それだけでは生活していくことが出来ないことから、副業に夜のアルバイトに、土・日のみアルバイトに出かけると言うことをする人が増えているから。
となると、確定申告者数が増えると景気が良くない方程式が成立するのでしょうか?
いや、そのようなことはないでしょうが、副業を始めようと考えている人は、確定申告のこともしっかり念頭に入れておく必要があります。
とはいえ、個人事業主などとは異なり、帳簿をつける必要もないので、必要書類も、少量で済むので、確定申告=難しい・面倒だ などという方程式を意識せず、ただ、複数の収入先があると言うことは、年度末に確定申告があると言うことを覚えておいていただければいいなと思っています。
世の中では今Twitterがはやっています。
おそらくは、確定申告の時期になると
”確定申告終了なう”なんてつぶやきが沢山投稿されるのでしょうね。
Twitterが今年の流行語にエントリーされることはもう確定したも同然ですが、あなたの確定申告が期限内におこなわれるかどうかは、あなた次第です。
12月末から書類作成期限まで、2カ月半はるのですから、給与を2か所以上からもらっていると言う方、もしくは、羨ましくもサラリーマンで、給与は一か所からのみでも確定申告が必要という方は、個人事業主以上に簡単に終わるはず。
出来ることなら、前半には済ませておいてほしいものです。

確定申告と還付金

金曜日, 5月 7th, 2010

確定申告の期限が終わってから早いもので、既に2カ月近く経過していますが、還付金が目的で確定申告を行っている方は、もう還付金は手元に入金されていますか?
e-Taxを使用して確定申告をしている場合での落とし穴は、本人は送信したつもりでいたが、未送で終わっていたというケース。
これは、初めてe-Taxを利用する人にとっても、最終的には、クリックひとつで確定申告が終了してしまうことから、「これで大丈夫なのだろうか?」と不安になってしまうことがありますが、確かに慣れていないと、しっかり送信されていなかったというケースはあるようです。
そういったケースは珍しくないようなので、確定申告をe-Taxで行い、還付金をもらう場合は、書面で確定申告するより税務署における処理が速いため、3週間程度から順で還付金がもらえるようになってきます。
既に確定申告の期限が終わってから7週間以上経過しています。
書面でもこの時期になっても還付金の振り込みがない場合はおかしいので、一度税務署に問い合わせてみる必要があります。
しかしその前にe-Taxを利用して確定申告を行っている人がやるべきことは、送信がちゃんとされていたかの確認です。
まずこれを行いましょう。
それから税務署に問い合わせてみます。
確定申告に不備があったのか、何らかの理由で還付金の入金が遅れている可能性が高いです。
さて、控除と言えば、住宅をローンを組んで購入した際にもうけることが出来ますよね。
ここで、気をつけるのは、申告をするのは、その家に入居し始めた年分から確定申告できるということです。
2010年12月に入居し始めれば、2010年分の確定申告が出来ます。
しかし、工事が遅延し、2011年1月に入居し始めれば、控除を受けることが出来るのは、2011年分からです。
住民票を移した日時ではありません。
あくまでも居住し始めた日で行くので、しっかり覚えておいてくださいね。

人生経験に確定申告しませんか?

月曜日, 3月 1st, 2010

不況の世の中、確定申告しなくてはいけない人は増えているのではないでしょうか。
それは、中途退職の方。
年末調整は、源泉所得税を行っている企業において、控除などといった計算を行っていないために、差額を年末に調整するものです。
しかし、中途で退職された方は、その年末調整を行えていないです。
そこで、確定申告が必要となってきます。
また、中途退職後、再就職された方も、確定申告が必要になってきますよね。
他に、住宅ローンを組まれた方や、医療費が総額で10万円を超える方なども確定申告をして、還付金をもらう必要があります。
ただ、医療費に関しては、10万円を少しでも超えると、確定申告すれば還付金がもらえるのですが、その手間暇を考えると、わずかに超えた程度なら、確定申告するまでではないのでは・・・と進言される税理士さんが多いようです。
還付金は1円でも多く欲しいですよね。
でも、1円のために、確定申告を時間をかけて記入したり、1年間の医療費の合算をしたりしていること、税務署へ出向き、順番を待ち、申告をするのはどちらに価値があるのだろうかというのを天秤にかける必要が出てくるのです。
その天秤が、手間暇のほうが素人には重く感じますよとおっしゃっているのでしょうね。
でも、普段健康な人が1年間で10万円を超える医療費になることなんてそうそうないです。
扶養家族に12月に子供を出産する妊婦などがいてギリギリ10万を超えてくる程度ではないでしょうか。
人生経験のことも考えて、これまで確定申告の経験がないという人は、確定申告してみるのも勉強になるのでいいですよ。

確定申告をスムーズに行うために

月曜日, 11月 2nd, 2009

ことしも早いもので残りあと2カ月となりました。
確定申告の提出期限まではまだ4カ月以上ありますが、それでも、提出分は今年1月から12月分までについてですから、そろそろ本腰を入れて確定申告に向けて税務処理を行っていくほうがよいのではないでしょうか。
年末年始はあっという間に時間が経過していくもの、今年ももうすぐ終わりだと思っていたのに気がつけば後数日で確定申告の提出期限が・・・・なんてこともあり得ますからね。
何事でもそうなのですが、身の回りの整理整頓は大切です。
企業であればオフィスの机の上や書庫の整理、個人事業者であれば、仕事場やデスクワークの机の周辺の整理整頓は常日頃から心がけておきましょう。
整理整頓ができていれば、そうでないのと時間の有効な使い方で3割もの差が出てくるとも言われています。
提出に必要な書類がないないと探し回っている人と、サッと取り出せる人とでは、この時点で5分の差が出てきています。
こういったことの積み重ねが3割もの時間の差になってきます。
1日8時間の労働時間があったとしましょう。
それを1年間で120日行っていたとすれば、8×120=960 この3割は288分
1年間で5時間弱も間探し物をしていることになるのです。
この差は大きい。
これだけの時間があれば、個人であれば大げさに言うと確定申告がもう1回書けそうです。
もったいないですね。
時間はお金で買えないもの。
だからこそ有効活用するためにも、年末大掃除を迎えなくてもきれいにしておきましょう。

確定申告と経費

月曜日, 10月 5th, 2009

確定申告をしていると、個人の場合気になるのが、「どこまで経費が落ちるのか」ではないでしょうか。
これは、基本的に経費で落ちる部分と、職業別で経費扱いできるものとできないものとがあるからです。
サラリーマン家庭からみると、この部分の解釈を都合のいい部分だけ見て、「自営業の人はいいわよね。なんでも経費で落とせるんだから」といいます。
でも、実際はサラリーマンのほうが無駄な税金を払わず、しかも自分がすべき確定申告を、企業が変わって源泉所得税という形で納めており、年末調整だけで済む点で、確定申告の必要がなくて楽だと思います。
自営業の人は、時には節税のノウハウがなくて、必要以上に税金を納めていることだっていあるのです。
そういう事実に対しては見て見ぬふりをして、文房具などを購入して領収書を切ってもらっているのを見てうらやましがるのは、愚の骨頂というものです。
サラリーマンは自分で確定申告する手間がないだけありがたいと思わなくては、その分、総務の人間が社員全員分の処理を行っているのですよ。
確かに、いまどきのホームセンターや薬局でなんでも購入することができます。
その詳細を両流初に一括で金額を記入してもらい、但し書きに「品代」にされてしまうと、どんな経費にも応用が利くでしょう。
しかし、税務調査が入ったとき、この領収書は購入したホームセンターで照会される可能性はあります。
悪いことばかりしていると、後で必ずしっぺ返しを食らうのですから、そのような光景を目の当たりにしたら、「いつか痛い目にあうわよ。お気の毒に」と心で笑ってやってください。

確定申告と医療費控除と更正

月曜日, 9月 7th, 2009

確定申告時の医療控除に交通費も含むことができるということは皆さんもうご存じのことだと思います。
では、確定申告時に交通費を申告することをわるれていた場合、後から追加で確定申告することができるのでしょうか?
こういう確定申告時の「うっかり」は少なくないでしょう。
したがって、後から「更生申告」という手段をとることができます。
ただしこの更生は1年で時効が切れるので、1年以上を経過すると更生の手続きをすることはできないようなので、注意が必要ですよ。
また、更生の手続きをとれば確定申告の変更は可能ですが、このとき、更生申告をしてまでの価値が果たしてあるのかというところが焦点になってきますよね。
仮に税率を10%としましょう。
交通費が5000円だとして、戻ってくるおかねは500円です。
500円のために税務署に行って書類をもらって作成して500円の還付で割に合うかどうか・・・
ごくごく近所に住んでいる方ならいいですが、遠方の方だと、税務署へ行くお金だけで500円以上かかってしまいますよね。
したがって、このような場合更生は、かなりまとまった額の訂正を行いたいという時に必要となってくるのでしょうね。
やはり大切なことは、期限内に提出する際に記入漏れの内容に最低でもダブルチェックくらいはしたいところだということですね。
また、医療費控除に使用できる交通費の中でもタクシーの費用は、最寄りの公共の交通手段を使うことが困難だったり、タクシーを使わないといけないような緊急の場合はその対象となりますが、通常の通院時にバス停で待つのが面倒だとタクシーを利用したなどの場合は対象外となります。

確定申告(医療費控除)

木曜日, 7月 2nd, 2009

源泉徴収されているサラリーマンの家庭でも、これだけは知っておいてほしい確定申告が、医療費控除の申告です。
医療費控除は、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合に一定の所得控除を受けることの出来る所得控除のことです。
確定申告の際に医療費控除を申請すれば、収める税金を減らすことが出来ます。
また、サラリーマンの方など、すでに所得税を支払っている場合は、確定申告で医療費控除を申請すれば、還付が受けられるシステムになっています。
ただし、医療費の合計が10万円を超えていても税務署から親切丁寧に「貴方の家庭の医療費は10万円を超えています。医療費控除を受けられるので、確定申告してください」などと親切丁寧なお知らせが来るわけはありませんので、毎年1月1日から12月末までの医療費の領収証をしっかり保管しておくようにしましょう。
また、確定申告というと、2月16日から3月15日が基本ですが、医療費控除の申請に関しては、1月1日から受けつけてもらえることになっています。
毎月一度集計を取っておくようにすれば、確定申告の時期まで待たずに早期に申請することが出来ます。
確定申告のシーズンは税務署も大変混雑しているので、出来るだけ込み合わない時期に申請するように心がけると良いでしょう。
また、保管しておくべき領収証の中には、薬局で購入したレシートも含まれます。
(風邪薬など治療目的で購入した医薬品が対象であって、健康増進のためのサプリメント等の医薬品は含まれない)
他に医療機関へ通うための交通機関の利用料は医療費控除に含まれます。
但し急を要しないタクシーの費用やマイカーのガソリン代は含まれないものとされています。
医療費控除の確定申告、分かりましたか?

前年度比を大幅に下回った確定申告の納税額

木曜日, 6月 4th, 2009

確定申告を納める側である私たち納税者側にとってみれば、今はもっともそのことについて忘れられる時期ですね。
しかし、そんな時期に、日本全国各地の国税局から各税申告に関するニュースが続々と報告されています。
平成二十年度分の所得税の確定申告の納税額はここ十年間でワースト1.2位を争うほどの低さになっている国税局が多いようです。
前年比で10%を超える確定申告の納税額の下げ幅となったのは、99年度のバブル崩壊後以来のことなのだとか。
確定申告で納税する側としては、少しでも納税額が少なくなるようにと節税対策に余念がないわけですが、それはあくまでも、節税であって、脱税をしてはいけませんし、脱税をしているような事業者は殆どいないと信じたいです。
従って、素直に所得税の確定申告の納税額が前年比で下がっている国税局ばかりだということを推測すると、やはり日本は現在日本国全体が不況で景気が低迷しているということを、裏付けてしまったということになりますね。
悲しいことですが、それが現実であり、今最も懸念しなくてはならないことの一つといえるでしょう。
前回大幅に確定申告の納税額が前年度比で減少したバブル崩壊後でさえも、緩やかではありましたが、景気は回復していっています。
確かにバブルの時期というのは、以上で、その時期の景気のよさも、まさに「泡」だったのですが、その以上に好景気だった時期から一転して超不景気に陥った時期を乗り越えています。
人間は学習する動物ですから、今回のこの不況、前回のバブル崩壊後の立ち直り方を応用して景気回復に向かっていくことでしょう。

確定申告に必要な処理は台所汚れと同じ

金曜日, 5月 8th, 2009

確定申告の申告が終わり、ほっとしてる皆さん、油断は禁物ですよ。
確定申告は、日頃からの税務処理の積み重ねが大切になってくることは以前から何度も言っていますよね。
税務処理は、溜めれば溜めるほどあとから処理がおっくうになってくるものです。
特に、毎年確定申告を綱渡りで行っているような方は、毎年「常日頃から税務処理をこまめにしておけばよかった」
と嘆きながらも、同じことを繰り返している・・・・・
それはどうしてでしょう。
確定申告の時期に後悔していながらも、喉元過ぎればナントやらで、確定申告が済むと、また今まで通り、怠慢な税務処理を行って、また確定申告ギリギリになってからあたふたしてしまうのです。
どこかでその悪循環になってしまっているループを切ってやる必要があります。
それが今ではないでしょうか。
確定申告が済んでからまだ間もないと言うことで、日頃から正しい税務処理をこまめにやっておけば・・・という思いはまだ残っていると思います。
そして、今年度の確定申告に必要な税務処理の量はまだ数カ月分しかないので、まとめてやっても半年分、一年分に比べれば比較的楽なもの。
台所のコンロの汚れは日頃から軽く水ぶきしていれば対して苦痛にはならないけれど、一ヵ月、半年、一年何の手入れもせずにいたものを急に綺麗にしようとすると、一日~数日もかかってしまう大仕事になってしまいます。
税務処理はそれと同じ。
確定申告に必要な税務処理をこまめに行っていればそれほど大変ではないし、時間もかからない。
早め早めの処理が大切です。

確定申告は難しくない!