確定申告は難しくない!

確定申告を知っていきましょう

Archive for the '身内の確定ちゃん' Category

確定申告の季節です

木曜日, 2月 5th, 2009

今年もいよいよ確定申告の日が迫ってきています。
各税務署の玄関先にも大きく「確定申告は早めに」と言った感じの横断幕が掲げられ、税務署の前を通る事業者の方にプレッシャーをかけています。
確定申告は、事業者にとっては一年を振り返るいい機会です。
今年の売り上げはどうであったか、無駄に経費を使ってはいないか、経費で落とせるものを落とさずにいるのではないか、さまざまな角度から見直すことのできる機会であるのに、確定申告を提出することだけを最終目的に提出期限ぎりぎりまでかかっているようでは、そのような見直す時間というのは持てません。
早めに確定申告の必要書類を仕上げ、見直し、更にその年の一年間を振り返り、反省する時間まで持てるようになってくるようになると、もう確定申告は難しくないというレベルに達していると言えるのではないでしょうか。
私の実家は今年初めて税理士さんにお願いすることにしたようで、去年ほど母は確定申告が間近に迫っているというのにイライラしていません。
これは、お金に代えがたいことです。
実家の帳簿の一切は母がになっているうえ、どこにその書類が管理してあるのかなども母にしか分かりません。
このような状態でよく数年前の税務調査が乗り切れたものだとあきれるような感心するような感じがしますが、そのような整理整頓のされていない机の上で確定申告の書類を書き上げるのは、至難の技です。
帳簿を探し出さなくてはならない、通帳を探さなくてはならない、必要以上の時間をかけて書き上げても、見なおしてみると、必要書類に不備が必ず数か所出てくるので、またもやごった返している机の上をひっかきまわして必要資料を探し出さなくてはならないのです。
毎年よくも飽きもせずにこのような状況の中、確定申告を書いているものだと感心していましたが、今年はそのようなことはなさそうです。
かといって、税理士さんがあの机の上を片付けてくれるわけではありませんから、確定申告を書かなくて良くなった分の労力を片付けに回してほしいものです。
皆さんは、確定申告の準備できていますか?

書類はゆとりある作成で

月曜日, 10月 6th, 2008

先月の私のブログを読んだこともないはずの父が、今月は何故か早々と請求書の下書きをしております。
なぜ、父が清書しないのか。
単純に読みづらいからです。
桁のコンマの位置は違っているし、桁違いの金額を書くことも日常茶飯事。
従って、母が最終チェックがてらに清書することになるのです。
一度だけ私も手伝いましたが、父の書く請求書の下書きは読めたものではありません。
字だって汚いし。。。
1枚書き上げるのに、15分くらいかかりました。
それでも自称“達筆”な父は、母が金額違いくらいでイライラしながら請求書を書いている母が理解できないよう。
それでも、請求書を母が書き終えるまでは、いつ母から『請求書の質問』が来るかわからないので、事務所で大人しくしています。
母のイライラは、同じ空間にいるものすべてに当たり散らすといった放電までしてくれるので、皆近寄りたがりません。
我が家の帳簿や請求書関係がパソコンだったら手伝う気にもなるのですが、相変わらず手書きなので、父親譲りで達筆な私には、とうてい手伝いの立候補ができません。
従って、請求書作りは永遠に母の仕事なのですが、今月は月初めから下書きが出来てきているので、母もあまりイライラしていません。
私に八つ当たりしてくることもありません。
(; ̄ー ̄川
どうせなら、毎月こうであってほしい。
せめて1.2.3月だけでもそうしてほしい。
皆さんも、月末まで何でも溜めこまないようにしましょうね。

確定申告は余裕をもって

月曜日, 9月 8th, 2008

毎年毎年行っている確定申告でも、やはり頭が痛いですよね。
私の実家も自営業なのですが、毎月毎月の請求書の作成に母が父の尻を叩いてギリギリ間に合っているようなので、確定申告の時期は、1か月母がヒステリックになっています。
毎年のことなんだから、父も母の正確理解して申告時期だけでも請求書の下書き早めに仕上げてくればいいものを。。。。
穏やかでマイペースな性格が仇となっています。
そんなこんなで毎月すら綱渡り状態のじっかでは、節税なんてやってるヒマもありません。
法人なんかだと、法人税の節税は基本だというのに・・・・。
この調子で現役引退まで続くのでしょうか。

確定申告は難しくない!